協会について

JER コンクリート補改修
協会の概要

「JER コンクリート補改修協会」の前身にあたる「 JER 認定施工協会」は、コンクリート防食に携わる施工会社、材料製造会社による調査研究及び技術開発、成果の検証と普及、技術研修会や資格認定試験の実施を通じ、専門技術者の育成等の活動を重ね、平成 14 年12 月に日本下水道事業団の指針が性能照査型に全面改訂され、性能保証が具体化されたことに対応し、性能保証制度を整備した協会組織として発足しました。
これを継承しつつ、コンクリート防食で長年培われたコンクリート構造物の劣化要因の検証から補修技術開発、対策実施の経験を活かし、管路施設や農業用水路、橋梁施設等の社会資本ストックにみられる各種コンクリート構造物の長寿命化対策への活動にも今後積極的に取り組み、社会貢献を果たしていく協会団体へと転身していく為、平成 28 年 6 月に「 JER コンクリート補改修協会」と改名しました。
同時に、協会内に分科会「管路部会」を発足し、下水道管路施設の長寿命化対策にも対応いたします。

協会の活動

JERコンクリート補改修協会は、信頼されるコンクリート防食技術普及をめざして、次のような活動を行っています。

※性能保証は、工事着工前の事前審査及び工事完成後の審査結果に基づいて行います。

会員機能システム

コンサルタント機能 メーカー機能 オペレーション機能 ネットワーク機能

ネットワーク機能

幅広いサービスが提供できます。
全国に展開する会員のネットワークが、コンクリート保護に関する幅広いニーズに迅速・的確に対応します。

コンサルタント機能

調査・診断/補修・改修設計
コンクリートの劣化度とその原因を調査・解析診断し、望ましい維持管理計画の提案、および状態に応じた適切な補修・改修方法の選定を行います。

メーカー機能

工法・製品の開発、製造。会員である製造会社が、コンクリートの補修及び劣化防止に求められる多様な機能と耐久性等に基づいて、専門企業ならではの技術力を活かし、適材材料・工法の研究開発と提供を行います。

オペレーション機能

施工・施工管理/アフターケア
会員である施工会社による高品質の防食施工・補修・改修技術を提供し、設計仕様にもとづいてコンクリートを健全な状態に回復すると共に供用後のアフターケアを担います。

コンサルタント機能 メーカー機能 オペレーション機能 ネットワーク機能

ネットワーク機能

幅広いサービスが提供できます。
全国に展開する会員のネットワークが、コンクリート保護に関する幅広いニーズに迅速・的確に対応します。

オペレーション機能

施工・施工管理/アフターケア
会員である施工会社による高品質の防食施工・補修・改修技術を提供し、設計仕様にもとづいてコンクリートを健全な状態に回復すると共に供用後のアフターケアを担います。

コンサルタント機能

調査・診断/補修・改修設計
コンクリートの劣化度とその原因を調査・解析診断し、望ましい維持管理計画の提案、および状態に応じた適切な補修・改修方法の選定を行います。

メーカー機能

工法・製品の開発、製造。会員である製造会社が、コンクリートの補修及び劣化防止に求められる多様な機能と耐久性等に基づいて、専門企業ならではの技術力を活かし、適材材料・工法の研究開発と提供を行います。

会員組織組織図

JERコンクリート補改修協会 組織図(2017年8月現在)

総会 顧問・相談役 理事会 北海道支部 東北支部 関東・甲信越支部 中部・北陸支部 近畿支部 中四国支部 九州支部 沖縄支部 専門委員会 事務局

協会への入会案内

ご入会を希望される場合は、入会のご案内をご覧いただき、入会申込書(下記PDF)をプリントアウト後、必要事項をご記入いただき、必要書類(企業概要、経営審査証明等)を同封の上、ご郵送下さい。
なお、ご入会の際には、JERコンクリート補改修協会会員の推薦が必要になります。

宛て先

〒651-2116
神戸市西区南別府1-14-6 日本ジッコウ(株)内
『JERコンクリート補改修協会 事務局』

Join us入会のご案内

ご入会を希望される場合は、入会のご案内をご覧いただき、入会申込書(下記PDF)をプリントアウト後、必要事項をご記入いただき、必要書類(企業概要、経営審査証明等)を同封の上、ご郵送下さい。
なお、ご入会の際には、JERコンクリート補改修協会会員の推薦が必要になります。